幕 新 日 誌  
 

2010年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事
幕末維新新選組単行本

土方副長 お誕生日おめでとうご ..

総司誕生日おめでとう♪

祝開設二十一周年

謹賀新年

総司誕生日おめでとう。

過去ログ
2019年10月
2019年 7月
2019年 5月
2019年 2月
2019年 1月
2018年 5月
2018年 2月
2017年10月
2017年 7月
2017年 5月
2017年 2月
2017年 1月
2016年10月
2016年 7月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 1月
2015年 5月
2015年 2月
2014年 7月
2014年 5月
2014年 1月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 1月
2012年 7月
2012年 5月
2012年 1月
2011年 7月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月

Powered by Google

YAHOO!!JAPAN
☆熊本地震義援金募集☆  

トップページ
2010年 6月5日

6月5日池田屋事変
いわずとしれたといいますか
新選組が唯一、幕末史の中で
必ずとりあげられる事件といいますか。
これで有為の志士たちが斬られたために
維新が一年遅れたとか、
逆に長州の火に油を注ぎ爆発し、
それによって早まったとか
いまだに言われますが。

守護職預かりの新選組とはいえ、通り名は
「壬生浪士」であったのですから、
人から見れば私設団体、いまでいえば
派遣の仕事の一つ……
ぐらいに軽んじられ、幕府の犬と馬鹿にされたり
していた新選組が、
独自の諜報と探索によって、
評定が進まず大々的な人数を
繰り出せずにいた上の人達より先に、
しかも思いがけぬ小人数で戦闘に突入した。
志士(?)側に備えがなかったとはいえど、
古高捕縛後の緊急事態の時に会合を
持つのだから、それぞれの出入口に
見張りすら置かないというのは
知恵者というにはあまりに粗雑過ぎると
思われます。
後に、武具をつけたまま三浦の警護に
ついていた斎藤一の話からすれば、
実戦部隊と革命家(気分)の学生の違いでしょうか。

残念なことに、長州が進軍した蛤御門の変によって
京都大火が実現してしまいましたが。
どちらが発火点かはともかく、
あえてやらずもがなの火事を起こした。
この6月5日の夜は、要人暗殺と放火という
暴発を防ぎ圧倒的な奮戦で
武士の面目を保ったのは
その武士たちにお雇い=アルバイトとしか
思われていなかった、素性も定かならぬ
新選組の隊士達でした。


本来の「新選組の日」の一つでしょう。

このあと土方副長が
池田屋について
気合を入れて書かれる……かと思ったら
時間がないそうなので(笑)
失礼致します。


by 沖田総司 ¦ 23:46, Saturday, Jun 05, 2010 ¦ 固定リンク ¦ トラックバック(2)


△ページのトップへ
 


ログイン
保存
最近のコメント

最近のトラックバック
寒月油小路 (ぶろぐ 幕新日誌) «

七条油小路残痕 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組拝命 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組 新生の日 (ぶろぐ 幕新日誌) «

禁門の政変 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組 新生の日 (ぶろぐ 幕新日誌) «

携帯で読む
   URLを携帯に送る


本日   6
昨日   19
累計   110890

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。



幕末維新新選組



Powered By 画RSS


屯所へ戻る

Powered by CGI RESCUE