川路聖謨 
 かわじ としあきら 

幕 臣
 
  享和元年4月25日、豊後日田代官所の属吏、内藤吉兵衛の長男として生まれる  

  が、直参旗本川路家の養子となり、勘定所の筆算吟味に合格して勘定方に勤める。  

  天保6年、仙石騒動の裁きが認められ、勘定吟味役に抜擢され、以後、佐渡奉行、  

  奈良奉行、大坂奉行を経て。嘉永5年、勘定奉行兼海防掛となる。  

  蛮社の一員であったが、老中水野忠邦について阿部正弘に能力を買われ、重  

  用される。  

  嘉永六年のペリー来航に際しては、国書の受理を主張し、開国を唱える。又、  

  長崎でロシア使節プチャーチンと交渉し、その人となりを、使節の秘書とし  

  て長崎に来た小説家のゴンチャロフに激賞されている。  

  翌安政元年、下田で日露和親条約に調印。  

  安政5年、日米修好通商条約調印のため奔走したが、開明的性格を井伊直弼  

  に疎まれ、左遷される。  

  しかし、文久三年には外国奉行として返り咲いた。  

  慶応4年3月15日、江戸開城の翌日、割腹してピストル自殺を遂げた。67歳。  




The music produced byふみふみさん
MIDI ON / OFF


佐幕人名鑑に戻る


このページは幕末維新新選組の著作物です。全てのページにおいて転載転用を禁じます。
Copyright©All Rights Reserved by Bakumatuisin Sinsengumi