伊達宗城
だて むねなり

伊予宇和島藩士
 
伊予宇和島藩十万石、伊達家第八代当主。文政元年8月1日生まれ。
 
七代宗紀には、長い間子供がなく、そのため五代村候の次男で、三千石を給
 
されていた旗本山口直勝の第四子、亀三郎が宗紀の養子となった。
 
宇和島藩は、仙台伊達藩の支藩であり、江戸城では大広間詰の資格が与えら
 
れており、宗城は進歩的な雄藩の藩主との交流も深く、西洋の事情や学問に
 
大いに関心を抱いていた。天保11年7月4日、四賢候の一人である佐賀藩
 
主鍋島斉直の娘、益子と結婚した。弘化元年7月16日、襲封し八代藩主と
 
なり、遠江守を名乗る。嘉永元年、思想犯として追われていることを承知で
 
高野長英を迎え、蘭学の翻訳、教授、砲台の設計などを行わせた。嘉永六年
 
には村田蔵六を招いて、蘭学の翻訳、教授、軍艦の製造研究をさせ、長崎か
 
らは、産科医を開いていたシーボルトの娘イネも藩医二宮敬作の口添えによ
 
り招いた。また、提灯屋の嘉蔵(後の前原巧山)を起用し、火輪船の模型製作
 
に注目し、御船方に抜擢した。砲術においても、幕府鉄砲方下曽根金三郎を
 
介して導入した洋式砲術を威遠流と名付け、大砲を鋳造して、洋式の軍事訓
 
練を行った。宗城は、こうした新しい情報を取り入れたばかりでなく、内政
 
にも目を向け、海産物、木蝋、茶、和紙などの生産を奨励し、殖産興業によ
 
って藩経済の安定をはかった。安政年間、将軍継嗣問題では、松平春嶽、島
 
津斉彬、山内容堂らとともに一橋派として活動したが、安政の大獄で、大老
 
井伊直弼によって蟄居を命じられ隠居し、伊予守と改めた。文久2年以降は
 
国事周旋にあたり、公武合体派として動いた。文久3年末には、参与会議の
 
一員となり、大政奉還、王政復古の前後にはしばしば朝廷に招かれ上京した。
 
元治元年正月16日、幕政参与となる。慶応2年6月には英国公使パークス
 
も宇和島に来航、慶応3年には大政奉還に向かい動いた。
 
明治新政府の成立後は、議定、外国官知事、民部卿賢大蔵卿などを歴任した。
 
明治4年には全権として日清修好条規を締結。その後、政府公職を退き、華
 
族会館第一部長、修史館副総裁などをつとめた。
 
明治25年12月20日死去。
 
法名、靖国院殿旧宇和島城主従一位勲一等藍山維城大居士。
 
■ 御 家 紋 ■
 

The music produced byDR(零式)さん
MIDI ON / OFF


佐幕人名鑑に戻る


このページは幕末維新新選組の著作物です。全てのページにおいて転載転用を禁じます。
Copyright©All Rights Reserved by Bakumatuisin Sinsengumi