陸奥宗光
むつ むねみつ

海援隊隊士
 
弘化元年7月7日、紀伊和歌山城下に生まれる。幼名小二郎、小助、牛麿、
 
陽之助。父伊達宗広は八百石取りの重役で、紀州藩の財政立て直しに貢献
 
した勘定奉行であったが、藩内政争に巻き込まれ失脚し家族は四散。宗光
 
は恵まれない幼少時代をおくっている。14歳の春、出家し、江戸に出て
 
儒者安井息軒の門人となる。16歳の頃から吉原通いをはじめ息軒に破門
 
され、将軍侍医の花岡真節邸にころがりこんだといわれる。
 
義理の兄である伊達宗興が京都粟田口青蓮院にはいり、門主の中川宮に
 
仕えていたのをきっかけに、宗光も勤皇の志士として動き始める。
 
長州の木戸孝允、伊藤博文、土佐の板垣退助、後藤象二郎、水戸の会沢
 
正志斎らと交遊。坂本龍馬の推挙を得て、勝海舟の海軍操練所に入るが
 
やがて操練所が閉じられ、龍馬が海援隊を組織するとこれに加わり、副
 
長格で活躍した。坂本龍馬が慶応3年11月15日、京都近江屋で中岡
 
慎太郎とともに暗殺されたとき、それまでほとんど剣技に縁のなかった
 
宗光も、慶応3年12月7日、中井庄五郎、土居通夫らと天満屋事件を
 
おこす。宗光は、いろは丸事件の賠償金問題の件、また、新選組や見廻
 
組との親交ありという点から、紀州用人三浦休太郎を竜馬暗殺指示者と
 
考えたと思われる。海援隊隊士を含む十六名で、三浦と新選組隊士らが
 
酒宴中の天満屋を襲撃したが、失敗に終わる。
 
維新後、25歳で大阪府権判事に、ついで兵庫県知事、和歌山藩大参
 
事、神奈川県知事、元老院幹事を歴任。
 
明治10年西南戦争のとき、西郷隆盛に呼応して立ち上がろうとして政府
 
転覆の嫌疑を受けて入獄。15年、特赦出獄。再び政府に出仕し、駐米
 
大使、山県有朋内閣の農商務大臣、元老院議官、伊藤博文内閣の外務大
 
臣となり、イギリスとの治外法権撤廃の条約改正、清国との講和条約調
 
印、三国干渉など外交問題を処理し、カミソリ大臣とうたわれる。
 
明治30年8月24日、東京西ヶ原に没す。享年53歳。大阪天王寺夕陽丘
 
に葬られる。昭和28年、神奈川県鎌倉市寿福寺に移葬。
 
■ 御 家 紋 ■
 

The music produced by DR(零式)さん
MIDI ON / OFF


佐幕人名鑑に戻る


このページは幕末維新新選組の著作物です。全てのページにおいて転載転用を禁じます。
Copyright©All Rights Reserved by Bakumatuisin Sinsengumi