大山綱良
おおやま つなよし

薩摩藩士
 
文政8年11月6日、鹿児島城下高麗町に樺山善之進の次男として生
 
まれ、大山四郎助の養子となる。家禄百三十六石。
 
通称熊次郎、円正、正阿弥、角右衛門、格之助。
 
天保5年、御数寄屋御茶道にて茶坊主として島津家に仕えた。
 
剣は示現流薬丸半左衛門に学び、藩中第一の使い手といわれていた。
 
西郷隆盛、大久保利通らのリーダー格であり、精忠組の中核人物で
 
あったという。
 
文久2年、島津久光に従って上洛。寺田屋事件では久光の命で討手
 
に加わり、急進派の同志を上意討ちにした。
 
翌3年の薩英戦争では、軍賦役として参戦。
 
慶応2年、大宰府の三条実美ら五卿を警固し、大久保と共に薩摩藩
 
の代表として長州に赴き薩長同盟を締結する。
 
慶応4年、鳥羽、伏見の戦い、次いで明治元年には奥羽鎮撫総督府
 
参謀として、薩長兵三百五十余名を率いて奥羽各地を転戦し、のち
 
功により賞典禄八百石を賜った。
 
明治4年、鹿児島県大参事、同6年、初代鹿児島県令となる。
 
明治8年の地方官会議では「民会未だ開くべからず」と論じ、金禄
 
公債の件では、鹿児島士族の特殊性を説き、特別措置を得た。
 
常に鹿児島士族の便をはかり、明治10年の西南の役に際しては、官金
 
十五万円を独断で西郷軍の軍資金に提供したため、乱平定後、その
 
罪を問われ、9月30日、長崎で斬罪に処せられた。
 
享年53歳。
 
墓所は、鹿児島市上竜尾町の浄光明寺。
 
■ 御 家 紋 ■
 
■ 剣 客 剣 豪 ■
 

The music produced byふみふみさん
MIDI ON / OFF


佐幕人名鑑に戻る


このページは幕末維新新選組の著作物です。全てのページにおいて転載転用を禁じます。
Copyright©All Rights Reserved by Bakumatuisin Sinsengumi