幕 新 日 誌  
 

2020年4月
      1
2
3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事
幕末維新新選組単行本

土方副長 お誕生日おめでとうご ..

総司誕生日おめでとう♪

祝開設二十一周年

謹賀新年

総司誕生日おめでとう。

過去ログ
2019年10月
2019年 7月
2019年 5月
2019年 2月
2019年 1月
2018年 5月
2018年 2月
2017年10月
2017年 7月
2017年 5月
2017年 2月
2017年 1月
2016年10月
2016年 7月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 1月
2015年 5月
2015年 2月
2014年 7月
2014年 5月
2014年 1月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 1月
2012年 7月
2012年 5月
2012年 1月
2011年 7月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月

Powered by Google

YAHOO!!JAPAN
☆熊本地震義援金募集☆  



赤い実
akaimi


赤い鳥、小鳥
なぜなぜ赤い
赤い実を食べた♪




……という童謡があって、子供のころ
(ほんとか〜)
と思いながら妙に納得したりしたもんだった。

冬枯れではあるけれどもまだ花壇などにはそこはかと
花が咲いていたりして、たくましいなと思う。
秋から冬といえば赤い実がハッと鮮やかだ。

数年前に、詳しい人からその都度教えてもらったが
いまだに、
ナンテンとセンリョウとマンリョウとヤブコウジとアリドオシと
西洋ヒイラギなどなど、の区別がわかりにくい。

正月に飾るには「千両・万両・有り通し」と富を呼び込み、
縁起の良い三点セットにするものなのだそうだ。

薮柑子は万葉の頃は「山橘」といい、同じ常緑である
橘になぞらえ、千両より実が少ないので「十両」の
別名があるらしい。

南天は難を転ずるといい鬼門よけ。

木へんに冬、と書く日本の「柊」は葉が鋭くとがっているので
同じく鬼門よけ、節分にはイワシの頭を柊に刺して厄除け・
またネズミ除け・生け垣の泥棒よけに使われたとか。
しかし面白いことに、柊も木が年老いてくるとその
トゲトゲがだんだんとれていき、しまいには丸い葉しか
出さなくなるのだそうだ。へぇ〜。
クリスマスの赤い実のは、日本の柊と違う種類。

に、しても、赤い実を食べた小鳥が赤くなり、
青い実を食べた小鳥が青くなる、なんて歌は
なんともかわいらしくて良い。
緑の葉と赤い実の補色。または渋い枯れ枝の
色に明るくともるような鮮やかさ。

赤い花つんで、あのひとにあげよ……♪

「赤い花白い花」という童謡ふうな民謡ふうな
古いフォークソングがあって、それも好きだ。

新選組の隊旗の色が赤なのは、
「人間が一番興奮する刺激の強い色だから」
といった人がいたっけなぁ……
ウシじゃないんだから、って、ウシにはあの赤い色が
見えないそうですね。闘牛じゃないんだから、か。

東急ハンズで、新選組や幕末関係のカレンダーがよく
売れているらしい。
といわれてふと自分の部屋を見渡すと、本以外に
これといって「わーひとめで幕末」ってなグッズは
何もない……カレンダーはその年の気分で吊るし(^^;;)


さて、ここの「;幕 新 日 誌
のタイトルについてでございますが、
私ども管理人および身内は前から

「幕末維新新選組」
 バクマツイシンシンセングミ

というといかにも長いので(笑)
略するときは「幕 新」と書いたり言ったりします。
てなわけで決して「幕 臣 日 誌」ではございませんし、
ましてや私どもの「日記」なんぞでももちろんございません。
日記なんてぇマメなものこの年でつけてられるような
几帳面な性格かってんだここはほとんど月報だ(笑)

「日記を読んで実は薩摩黒幕説は私もおかしいと思い云々」
なんてまた、先日の荒らしクンと同じく変にブログのその事
だけに興味津々らしい投稿が昨日になって来ましたが。
そんなに薩摩の無実説やりたいなら他のとこでやったら
いいってだけですが……。
実際には、やってもいないのに当時わざわざ意図的に
下手人扱いされとんでもない迷惑を受けたのが
新選組だという事で。

幕末の有名人がみんなお知り合いだったり友達になったり
してしまうのはマンガや小説その他、よくある事だが、
最近読むまでもんのすごい完全に内容忘れてた
「十一番目の志士」(司馬遼太郎)
暗殺に生き甲斐を見出すスゴウデの長州の刺客が主役だが、
それこそ幕府から薩長土ほか、いろんな有名人が
次々登場する。
土方歳三が事件現場で指揮をとりながら手元は楊枝を
削ってるという描写だけは覚えていたが、
近藤勇・伊東甲子太郎・武田観柳斎が束になって
かかってもかなわない天才主人公の天堂晋助(笑)
……についてはまるきり初見と同じ(^-^;;)
鞍馬天狗を正義の人ではなくしたような展開か。
後から読んだ「るろうに剣心」をなんとなく思い出した。
それこそ、「え?ここで終わり」という形で終わっている。
それで内容忘れてしまったに違いない(−−;;)

そういえば、「風光る」最新刊を読む。
なんでもあと3冊ぐらいで終わる予定らしいが、
しかし河合耆三郎の金銭話をあんなに
ひきのばしてたりして慶応4年まで
無事いけるのかなといつもヒトゴトながら心配ではあり。
まあ描きたいとこまで描いてある時突然最終回という
終わり方も、ないではない………いつ終わったんだか
わからんかった、という名作マンガもあった。

さて、河合の親が息子の死後うらみがましく屯所の廻りに
弔いの列を歩かせたという話は、子供が死んで、
他人のせいにしてでも未練がましくあきらめきれないのは、
親としていつの世も同じじゃないのか。
そこらへんなんかギャグっぽく描写されていて気になった。
しかしセイちゃん本当にいつ見ても色気がない………(笑)

という事で師走。走って転ばないよう気をつけねば。
風邪もできるだけひかぬよう気をつけねば。
だれがここまで来て看病してくれるわけでなし。
それでは寝床に戻ります。

by 沖田総司 ¦ 21:59, Friday, Dec 12, 2008 ¦ 固定リンク ¦ トラックバック(0) ¦ 携帯

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://www.bakusin.com/blog/blog.cgi/20081212215952

△ページのトップへ
 


最近のコメント

最近のトラックバック
寒月油小路 (ぶろぐ 幕新日誌) «

七条油小路残痕 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組拝命 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組 新生の日 (ぶろぐ 幕新日誌) «

禁門の政変 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組 新生の日 (ぶろぐ 幕新日誌) «

携帯で読む
   URLを携帯に送る




幕末維新新選組



Powered By 画RSS


屯所へ戻る

Powered by CGI RESCUE