幕 新 日 誌  
 

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12
13
14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
五月二日

幕末維新新選組単行本

土方副長 お誕生日おめでとうご ..

総司誕生日おめでとう♪

祝開設二十一周年

謹賀新年

過去ログ
2020年 5月
2019年10月
2019年 7月
2019年 5月
2019年 2月
2019年 1月
2018年 5月
2018年 2月
2017年10月
2017年 7月
2017年 5月
2017年 2月
2017年 1月
2016年10月
2016年 7月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 1月
2015年 5月
2015年 2月
2014年 7月
2014年 5月
2014年 1月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 1月
2012年 7月
2012年 5月
2012年 1月
2011年 7月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月

Powered by Google

YAHOO!!JAPAN
☆熊本地震義援金募集☆  



追記 市村鉄之助小旅行記
さて、平和学習がテーマの修学旅行でしたが、
四日すべて同じことを繰り返しているのでは
修学旅行とならなくなります(笑)
 
平和について考えるのは休憩し、
旅行三日目は、班別に複数ある
学習コースに別れて行動しました。
 
私たちの班はイルカウォッチングを選択しました。
イルカを見るのは初めてかつ、今後も
あまり機会がないと思うので、
大量に記憶に収めたいと思い、
その日まで、班に一つ支給された
インスタントカメラをバッグの中に封印し、
この日、ついに開放しました。
というわけでこれまで二日間はなにも撮ってません。
 
当日、
昨日は晴天の空の下、長崎の町中を歩き回り、
ひたすら流れる汗が、「もう帰りたい」の
禁句を解禁させてくれましたが、
この日は一転変わって大雨!
しばらく海に近づけず、待機していましたが、
室内行動じゃない、他のグループが次々と中止を表明。
私たちへの中止の報告も時間の問題と思われました。
修学旅行の数少ない楽しみが奪われる瞬間でした。が
 
まさかの雨天決行。
 
嘘だろ、と、バスの中から外の大雨を見つめ、
カッパが配られました。
 
海は大荒れ。風は強く、寒い。
皆、バスから船までへの移動は迅速で、
カッパの意味がないと思いながら、
ずぶ濡れの制服が鎧に変わりました。
 
参加人数の割に船は小さく、
船内で座れず、雨風の直撃を受ける場所に
ずっと立たされる人もいた始末。
もはやイルカどころではなく、
寒い、風が強い、冷たい、
先生、絶対に風邪引きますよこれ。
 
しばらくして、船が止まったかと思えば、
ただのスクリューなのにイルカと勘違いするほど、
「ここまできたら、意地でも見て帰る」
と、皆やる気になってました。
 
イルカはその直後、
鮫のように船の周りをウロウロしていて、
まるでとある映画の気分でしたが、
皆がその存在に気付いたころ、
二、三匹が同時に跳ねました。
様々な思いがいくつも重なり、その姿に感動しました。
 
特別に私たちの班のみ、早風呂が許されたのは
バスに戻ってすぐのことで、イルカを見るのにも
苦労をするのだなと思いました。
 
さて、ここで、
流石に持っていく余裕がなかったカメラが発見されました。
これは最終日に各クラスで集めるのですが、
なにも撮れてないことに気付いた私たちは、
翌日にそこらの公園にいたハトを取りまくって
なんとか提出しました。
私たちの班はハト専門のバードウォッチングをした記憶が、
恐らく修学旅行の思い出として残されていることでしょう。
 
現像の日が待ち遠しい・・・(爆)

by 市村鉄之助 ¦ 00:01, Thursday, Oct 29, 2009 ¦ 固定リンク ¦ トラックバック(0) ¦ 携帯

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://www.bakusin.com/blog/blog.cgi/20091029000100

△ページのトップへ
 


最近のコメント

最近のトラックバック
寒月油小路 (ぶろぐ 幕新日誌) «

七条油小路残痕 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組拝命 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組 新生の日 (ぶろぐ 幕新日誌) «

禁門の政変 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組 新生の日 (ぶろぐ 幕新日誌) «

携帯で読む
   URLを携帯に送る




幕末維新新選組



Powered By 画RSS


屯所へ戻る

Powered by CGI RESCUE