幕 新 日 誌  
 

2020年4月
      1
2
3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事
幕末維新新選組単行本

土方副長 お誕生日おめでとうご ..

総司誕生日おめでとう♪

祝開設二十一周年

謹賀新年

総司誕生日おめでとう。

過去ログ
2019年10月
2019年 7月
2019年 5月
2019年 2月
2019年 1月
2018年 5月
2018年 2月
2017年10月
2017年 7月
2017年 5月
2017年 2月
2017年 1月
2016年10月
2016年 7月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 1月
2015年 5月
2015年 2月
2014年 7月
2014年 5月
2014年 1月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 1月
2012年 7月
2012年 5月
2012年 1月
2011年 7月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月

Powered by Google

YAHOO!!JAPAN
☆熊本地震義援金募集☆  



新選組瓦版
原田左之助大金星!!

三条の制札場で制札が壊される事件が頻りに起こり
京都奉行所は犯人を捕縛できず手をこまぬいていたが、
守護職の依頼により新選組が調査していたところ
三条制札前で戦闘となり、見事に捕縛とあいなった次第。

左之助曰く
「きゃつらが制札を引き抜いたけん、ばしっとこらしめた!
  わしのバッときてバシッと斬っての活躍で勝てたのぢゃあ」

別働隊である大石隊長は
「わしが戦っているところに左之助が敵のうしろから
  バッサリ殺りやがった!わしのてがらぢゃあ!!!!」
と左之助の活躍を否定している。

なお、土佐藩では
「お偉いさんが留守しているけぇ、発言は控えさせてつかわさい」
と藩の関与に曖昧なこたえであった。

事件の概要は次のとおり

三条制札事件

禁門の変の後、幕府から長州藩の罪状を記した制札が
京都三条大橋西詰に立てられたが
慶応二年六月十七日以降何者かがこの制札を壊すという
事件が続き、新選組が出動することとなった。
見張りについた一日目、二日目は無事。
三日目の同年九月十二日は橋南先斗町会所(三条会所)に
原田左之助ら十二名、橋東の荒物屋に大石鍬次郎ら十名、
橋西の酒屋に新井忠雄ら十二名、斥候として橋下に
乞食姿の橋本皆助、浅野薫という布陣であった。
午前零時頃、土佐系の浪士八人が現れ、
制札に手をかけたので、まず橋本が原田・新井隊に知らせ、
浅野はかなり遅れて大石隊に知らせ、大乱闘となった。
この乱闘で土佐側は藤崎吉五郎斬殺、宮川助五郎が重傷で
捕縛、安藤謙治は重傷のまま土佐藩邸にたどり着いて自害。
同月十九日、土佐藩と新選組が祇園栂尾邸で和解し、
同年十二月二十日、新選組には報奨金が下った。

by 土方歳三 ¦ 11:59, Sunday, Sep 14, 2008 ¦ 固定リンク ¦ トラックバック(0) ¦ 携帯

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://www.bakusin.com/blog/blog.cgi/20080914115959

△ページのトップへ
 


最近のコメント

最近のトラックバック
寒月油小路 (ぶろぐ 幕新日誌) «

七条油小路残痕 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組拝命 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組 新生の日 (ぶろぐ 幕新日誌) «

禁門の政変 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組 新生の日 (ぶろぐ 幕新日誌) «

携帯で読む
   URLを携帯に送る




幕末維新新選組



Powered By 画RSS


屯所へ戻る

Powered by CGI RESCUE