幕 新 日 誌  
 

2020年8月
            1
2 3 4 5 6
7
8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
五月二日

幕末維新新選組単行本

土方副長 お誕生日おめでとうご ..

総司誕生日おめでとう♪

祝開設二十一周年

謹賀新年

過去ログ
2020年 5月
2019年10月
2019年 7月
2019年 5月
2019年 2月
2019年 1月
2018年 5月
2018年 2月
2017年10月
2017年 7月
2017年 5月
2017年 2月
2017年 1月
2016年10月
2016年 7月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 1月
2015年 5月
2015年 2月
2014年 7月
2014年 5月
2014年 1月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 1月
2012年 7月
2012年 5月
2012年 1月
2011年 7月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月

Powered by Google

YAHOO!!JAPAN
☆熊本地震義援金募集☆  



彼岸
見る気もなかった五輪をけっこう一所懸命見たりして、
そうこうするうちに八月十八日の政変も三条制札も
芹沢粛清もあれよと過ぎてしまい(==;;)
気がつけばすっかり秋の空、月夜は虫の声。

下記写真は
小田急線 高座渋谷駅徒歩七分・常泉寺

おとといまで知らなかったが(笑)近在では
「花の寺」として有名な古寺で、秋の今頃は
彼岸花の紅白が咲きそろう隠れた名所との事。
小雨のふったりやんだりする中で久々に
カメラをかついで行ってきた。
駅前がびっくりするぐらい昔ふうの商店街である。
同じ小田急線の鶴巻温泉駅前でもそう思ったが、
首都圏といっても実は映画のようなひなびた風情は
いつでもふと思い立てば味わえるものらしい。

しかし本当にちょうど彼岸の頃に咲くもので、
マンジュシャゲの他にも異名が全国で
数え切れないほどあるというが、
彼岸花というのが本当に言い得て妙だと毎年思う。
一面マッカッカの圧倒的な群生で有名な埼玉県の
観光メッカは混んでいそうで行く気にならないが、
地からツルツルと茎だけが伸び出て、まるで花魁の
櫛・笄のように絢爛としかし妖しくも鬱々として開く。
紅白が揃うと興趣はまた深い。
不思議としかいいようのない特異な花の姿はやはり
どこか怖くもあり、あわれを誘うものでもある。
本当に田んぼや畑や、そんな生活の場にふと群れて
咲いているといきなり愛らしい村娘のようにもなる。

誰も彼もが、いずれは彼岸にゆく。
地球も太陽も、永遠ではない。

ほんの一瞬すれ違うだけの人と人の生きる時を
少し感謝して、嘆息して、また明日も
行き慣れた道を歩く。



higan

by 沖田総司 ¦ 23:23, Tuesday, Sep 23, 2008 ¦ 固定リンク ¦ トラックバック(0) ¦ 携帯

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://www.bakusin.com/blog/blog.cgi/20080923232323

△ページのトップへ
 


最近のコメント

最近のトラックバック
寒月油小路 (ぶろぐ 幕新日誌) «

七条油小路残痕 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組拝命 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組 新生の日 (ぶろぐ 幕新日誌) «

禁門の政変 (ぶろぐ 幕新日誌) «

新選組 新生の日 (ぶろぐ 幕新日誌) «

携帯で読む
   URLを携帯に送る




幕末維新新選組



Powered By 画RSS


屯所へ戻る

Powered by CGI RESCUE